プライバシーポリシー

制定日 2018年11月21日

個人情報保護方針

当社は、安心安全な取引を旨として総合不動産事業を行っており、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。 また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。

1.当社は不動産の賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理・レンタカーの貸渡に関する事業、並びに従業者の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、適切な取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。

2.当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。

3.当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。

4.当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。

5.個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

本方針は、全ての従業者に配付して周知させるとともに、必要に応じて利害関係者が入手可能なように当社のホームページ、パンフレット等に掲載することにより、いつでもどなたにも入手可能な措置を取るものとします。

株式会社リアルターアップル 代表取締役 小川真由美

Ⅰ.個人情報の取扱いについて

1.事業者の名称
   株式会社 リアルターアップル

2.管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
   管理者名:個人情報保護管理者 小川 恭平
   所属部署:株式会社リアルターアップル 本部
   連絡先:電話0166-32-4337

3.個人情報の利用目的


分類 利用目的
(1)ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的。及び保有個人データの利用目的
お客様情報 レンタカーの貸渡におけるご契約、貸渡自動車(レンタカー)のご提供(同意を頂いた場合は電子メールを含む)、代金回収、関連するアフターサービスのため
お問合せ者情報 お問合せにお答えするため


4.個人情報の第三者提供
  当社では取得した個人情報を、業務目的の達成に必要な範囲において、以下の要領で第三者に提供する場合がございます。


(1)第三者に提供する目的 事故の対応等、レンタカーの貸渡に関連するサービスのため
(2)提供する個人情報の項目 氏名、生年月日、住所、電話番号、Eメールアドレス等
(3)提供の手段又は方法 貸渡契約書兼貸渡証等に記載の上、提供します
(4)提供を受ける者の組織の種類、属性 担当自動車整備会社、担当保険会社、JAF


  共同利用について
  当社では、お客様(借受人)に、より有益な情報提供をするためにリアルターグループとして総合的にお客様情報を
  共同利用し、サポートしております。
  共同利用する情報は、氏名、連絡先、レンタカー情報です。
  共同利用する範囲は、当社ホームページ記載の関連会社の範囲です。
  共同利用に関する取りまとめは、株式会社リアルターアップルの個人情報保護管理者が行っております。

5.個人情報取扱いの委託
  当社は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しています。業務委託先に対しては、個人情報を預けることがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

6.個人情報の開示等の請求
  お客様は、当社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社「個人情報に関するお問合わせ窓口」に申し出ることができます。その際、当社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。開示等の申し出の詳細につきましては、下記の「個人情報に関する苦情・相談窓口」までお問い合わせください。

7.個人情報を提供されることの任意性について
  お客様が当社に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。ただし、必要な項目をいただけない場合、各サービス等が適切な状態で提供できない場合があります。

8.ご本人が容易に認識できない方法による取得する場合について
  クッキー(Cookies)は、お客さまが当社のサイトに再度訪問された際、より便利に当サイトを閲覧していただくためのものであり、お客さまのプライバシーを侵害するものではなく、またお客さまのコンピューターへ悪影響を及ぼすことはありません。
  また当社のサイトでは個人情報を入力していただく部分にはすべてSSL(Secure Sockets Layer)のデータ暗号化システムを利用しております。さらに、サイト内における情報の保護にもファイアーウォールを設置するなどの方策を採っております。ただし、インターネット通信の性格上、セキュリティを完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

9.認定個人情報保護団体について
  当社が加入する認定個人情報保護団体は、ありません。

 

【個人情報に関する苦情・相談窓口】
お客様の個人情報に関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。


  個人情報保護管理者: 小川 恭平
  所属部署:株式会社リアルターアップル 本部
  〒078-8212北海道旭川市2条通19丁目367番地の2
  メールアドレス: privacy@4337.jp
  電話 0166-32-4337 (受付時間 9:00~18:00)
  FAX  0166-32-4350

 

Ⅱ.保有個人データの請求手続きのご案内

 

当社で保有している保有個人データに関して、ご本人様又はその代理人様からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の請求(以下、「開示等の請求」といいます)につきましては、当社所定の請求書により、以下の手続きにて対応させていただきます。


1.「開示等の請求」申出先
  「開示等の請求」は「個人情報に関する苦情・相談窓口」宛、当社所定の請求書に必要書類・手数料を同封の上、郵送によりお願い申し上げます。


2.「開示等の請求」に際してご提出いただく書類
  「開示等の請求」を行う場合は、(1)の請求書に所定の事項を全てご記入の上、ご郵送下さい。請求書用紙につきましては下記の該当する用紙を郵便で送付いたします。なお、ご本人確認のため、運転免許証、パスポート等の本人確認書類の写しの同封が必要となります。
  (1) 当社所定の請求書
    「保有個人データ開示等請求書」


3.代理人様による「開示等の請求」の場合
  「開示等の請求」をする方が代理人様である場合は、2.の(1)の書類に加えて、下記3.(1)の代理人である事を証明する書類の写しのいずれか及び3.(2)代理人様ご自身を証明する書類の写しのいずれかを同封してください。
  (1)代理人である事を証明する書類
    <開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人様の場合>
    ① 本人の委任状(原本)
    <代理人様が未成年者の法定代理人の場合>
    ① 戸籍謄本
    ② 住民票(続柄の記載されたもの)
    ③ その他法定代理権の確認ができる公的書類
    <代理人様が成年被後見人の法定代理人の場合>
    ① 後見登記等に関する登記事項証明書
    ② その他法定代理権の確認ができる公的書類
  (2)代理人様ご自身を証明する書類の写し
    ① 運転免許証
    ② パスポート
    ③ マイナンバーカード(表面)
    ④ 健康保険の被保険者証
    ⑤ 住民票
    ⑥ 住民基本台帳カード
    ※尚、本籍地情報は都道府県までとし、それ以降の情報は黒塗り等の処理をしてください


4.「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
  利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
    手数料金額:800円


5.「開示等の請求」に対する回答方法
  原則として、請求書記載のご本人様住所宛に書面(封書郵送)にてご回答申し上げます。


◇「開示等の請求」にともない取得した個人情報は、開示等の請求への対応に必要な範囲に限り取り扱います。

◇以下の場合には、「開示等の請求」にお応えできない場合があります。その場合は、その旨と理由を御通知申し上げます。また、不開示の場合についても手数料をいただきますのでご承知ください。
    ① ご本人様又は代理人様の本人確認ができない場合
    ② 所定の申請書類に不備があった場合
    ③ 開示等の請求の対象が「開示対象個人情報」(※)に該当しない場合
    ④ 利用目的を本人に通知し、又は公表することによって本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
    ⑤ 利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当社の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合。
    ⑥ 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

以上